カラーセラピー

色には人の心を動かす力があると言われています。

こちらのページでは、色彩心理学に基づいて色の持つ力をご紹介します。

アクセサリーやお洋服を決める際の参考にしてみてください♪

赤~RED~

赤色は「活力・情熱・興奮」といった強いエネルギーをイメージする色で、積極的なリーダータイプの人に好まれる色です。

血や肉・熟した果実の色であり、遠い昔から「生命に直結する」色でした。そのため人は本能的に赤に反応するようなったと考えられます。また、食欲や性欲といった生命力を高める色でもあります。

また、赤は暖色の代表的な色で、あたたかみを感じる色です。赤に囲まれた部屋では体感温度が2~3℃上がるという実験結果も報告されています。これは赤の光が「交感神経」を刺激し、脈拍と体温が上がり血流がよくなるためと考えられています。

 

【期待される効果】

行動力、勝利、決断力、情熱、血液循環を良くする、生殖能力強化

 

【こんな時におすすめ!】

・行動力や行動力、元気がほしい時

・競技や試験、恋愛などで力を発揮したい時

・自信を取り戻したい時

・自分をアピールしたい時

 


緑~GREEN~

緑は暖色でも寒色でもない「中間色」でもっとも刺激の少ない色です。物理的にも人が見える色(可視光)の真ん中あたりに位置し、心身のバランスを整えリラックスさせ、見る人に安心感を与え、落着きと安らぎをもたらす効果があります。

また、緑は自然や平和をイメージさせ、自然がもつ癒しの効果をもたらします。またスクスク伸びる草木のように、健康と成長をイメージさせる色です。

 

心身を癒すヒーリングカラーであるグリーン。周りとの調和を生み、リラックスできる色。また緑を多く取り入れると、対人運、健康運、財運を高めてくれるともいわれています

 

 

【期待される効果】

癒し、調和、ストレスを軽くする、穏やか、エコロジー、平和

 

【こんな時におすすめ!】

・心身のバランスをとり、心を穏やかにしたい時

・癒されたい時

・安心感を与えたい時

・落ち着きたい時

・ストレスを軽減したい時

 


ターコイズ~Turquoise~

ターコイズは、明るい空や南国の海のような、開放的なイメージの色です。ブルーとグリーンが混ざった色で、「知性」を表すブルーと「ハート」を表すグリーンの力が合わさり、創造性と表現力を強化する効果があります。また、ターコイズには人の心を広げる力があります。開放的な気持ちで素直な心が広がり、マイペースに夢を実現する手助けをしてくれるでしょう。

また、ターコイズは首元にある第5チャクラ「ヴィシュダ」の色です。創造性と表現力をサポートし「ありのままの自分」を表現するエネルギーをもつチャクラです。

 

【期待される効果】

心を浄化、リフレッシュ、人の想いを現実にしてくれる、ストレス解消

 

【こんな時におすすめ!】

・心を浄化したいとき

・リフレッシュしたいとき

・ひらめきが欲しいとき

・夢を叶えたいとき

 

 


オレンジ~Orange~

橙(オレンジ)は赤と黄色が混ざった色で、太陽や炎のような陽気であたたかい高揚感を表す色です。橙が好きな人は、陽気で人付き合いがよく社交的なタイプが多いです。

橙色には胃腸を刺激し食欲を促す効果があるので、食欲がない日が続くなら食卓に橙を取り入れるといいでしょう。

橙のやさしくてあたたかい光は、恐怖やプレッシャーによる心の不安や抑圧を取り除く効果があります。心が乱れている時や不安で押しつぶされそうな時は、橙の光を見れば、心身のバランスを整えることができるでしょう。

 

【期待される効果】

人との関係を良くする、対人運UP、友人運UP、活気、向上心、意欲的になる

 

【こんな時におすすめ!】

・人との関係を良くしたいとき

・明るく元気になりたいとき

・社交的になりたいとき

・新しい場で友人を作りたいとき

・積極的になりたいとき

 


青~Blue~

ブルーは感情の高まりを抑制する色です。脈拍や体温が下がり呼吸もゆっくりと深くなるため、心身が落ち着き、平和で安らいだ気持ちにさせる効果があります。

そんなブルーを好きな人は、自制心が強く感性が豊かな人が多いです。

ブルーは才能を表し、コミュニケーションをサポートする色です。コミュニケーションといっても、オレンジやイエローのような陽気な関係ではありません。相手の話に耳を傾け、理解する、誠実なコミュニケーションを表します。

 

 

【期待される効果】

冷静さ、客観性、誠実、信頼、開放感、思考能力を高める、集中力

 

 

【こんな時におすすめ!】

・冷静な判断力が必要なとき

・集中したいとき

・ビジネスでのコミュニケーションを円滑に進めたいとき

・クールな印象を与えたいとき

 


紫~Purple~

紫はスピリチュアリティを象徴する色です。人の精神に作用し、深い瞑想に導き、潜在能力を引き出す効果があり、古代から宗教色として尊ばれてきました。

セラピストやヒーラーが好んで身にまとい、精神レベルを高めたい人にも好まれる色です。自分を1ランクアップさせたいときに使うといいでしょう。

 

また紫は、情熱の赤と鎮静の青という正反対の2色が混ざった色です。過度のストレスにより、精神のバランスが崩れてしまった時に、両方の性質を合わせ持つ紫が、バランスを回復させ癒してくれます。

そして紫は、頭頂(百会)にある第7チャクラ「サハスラーラ」の色です。大自然や宇宙のエネルギーとつながるチャクラであり、他のチャクラが開くと自然に開花すると言われています。

 

【期待される効果】

創造力を豊かにし芸術的センスを高める、癒し、精神的な成長を促す、直観力や洞察力を与える

 

 

【こんな時におすすめ!】

・芸術的センスを高めたいとき

・心身が疲れているとき

・考え事に集中したいとき

・インスピレーションが欲しいとき

・高貴な印象を与えたいとき

 


黄色~Yellow~

 

黄色は太陽の光にもっとも近い色で、古代のエジプトやマヤ文明では太陽を表す色として崇拝されてきました。黄色は明るい太陽のように人々に希望と喜びを与え、楽しい感情を生み出す色です。

心理学的には、強い希望を抱いているときに鮮やかな黄色が気になる傾向があります。

黄色は左脳を刺激し知性を高める色です。理解力、記憶力、判断力が高まり、心の不安を解消します。人前で話すのが苦手な人でも、黄色を使うと頭の回転が速くなり会話をスムーズに運ぶことができるようになります。

 

【期待される効果】

明るく、無邪気な心にする、脳にいい刺激を与える、対人運・仕事運・金運UP、活気、集中力、注意力、判断力

 

 

【こんな時におすすめ!】

・明るく元気になりたいとき

・素直で無邪気な心を取り戻したいとき

・対人運UPをしたいとき

・明るい印象を与えたいとき

・金運をUPしたいとき

・自分らしく前進したいとき

・判断力、集中力がほしいとき

 

 


ピンク~Pink~

 ピンクは、恋愛・しあわせ・思いやりなどの女性らしさをイメージさせる色です。本質的な愛の象徴で、恋に夢中の時や、幸福感を感じている時、また愛や幸せを望んでいる時などにピンクを好きになります。人は自分が愛されたいために、人を愛そうとする傾向があります。しかし、愛の本質は「自分を愛する」こと。自分の心が満たされれば、愛は自然に外にあふれ出し、本当の愛を引き寄せます。

また、女性ホルモンのバランスを整え、女性らしさをアップする効果心と体を若返らせ、人生に張りを与える効果もあります。

 

 

 

 

【期待される効果】

愛と安らぎをもたらす、女性らしさを高めてくれる、ホルモンバランスを整える、恋愛運・結婚運・美容効果を高める、愛情、女性らしさ、幸福、優しさ、思いやり

 

 

【こんな時におすすめ!】

・女性としての幸せを高めたいとき

・女性らしさを高めたいとき

・女性ホルモンのバランスを整えたいとき

・恋愛運・結婚運・美容効果を高めたいとき

 


白~White~

 何色にも染まっていないホワイトは、純粋・清潔・無垢をイメージさせます。物事や感情を一度リセットする効果があります。また、ホワイトはすべての光を反射する性質を持っています。パリッとしたホワイトは潔く、ネガティブなエネルギーを跳ね返す力を持っています。

 

【期待される効果】

神性なイメージ、純粋さ、清潔、始まりを表す

 

【こんな時におすすめ!】

・純粋な印象を与えたいとき

・リセットしたいとき

・ほかの色を引き立たせたいとき

・フォーマルな場に行くとき

・ポジティブになりたいとき

 


黒~Black~

ブラックはすべての光(可視光線)を吸収する物体を見たときに感じる色です。色の中で最も重みを感じる色です。ブラックの箱を持ちあげると実際よりも重たく感じますし、ブラックの容器に物を入れると実際よりもボリュームがあるように見えます。

またブラックは最も暗い色なので、主役の色を引き立たせ、鮮やかに見せる効果があります。ゴールドと組み合わせたり、グラデーションで質感をつけることにより高級感を演出することも。

 

 

【期待される効果】

上品、神秘、高級、威厳、無口、孤独、超自然的能力の向上

 

【こんな時におすすめ!】

・威厳を見せたいとき

・自分を守りたいとき

・自分を強く見せたいとき

・クールで自立した印象を与えたいとき

・上品な印象を与えたいとき

・他の色を引き立てたいとき